メイク落とし、成分チェック

化粧落とし=クレンジングというイメージがあります。

クレンジングにもいろいろなタイプがあります。

そのクレンジングに入っているものに界面活性剤があります。

界面活性剤と聞くと、お肌に悪そうというイメージがあります。

でも、油分を落とすには欠かすことができない成分でもあります。

メイク落としの特徴はタイプによっても違います。

ジェルタイプ:リキッドに近いものは界面活性剤が多く含まれいますので、お肌への刺激も大きいと言われています。ただし、乳白色のクリーム状のものでしたら、大丈夫です。

ミルクタイプ:水分が多いので、肌への刺激も少ないと言われています。しかし、クレンジングの効果はそれほど高くはありません。

オイルタイプ:界面活性剤も強力です。メイクはしっかり落ちますが、その分、お肌へのダメージも強いです。メイクが濃い時様だけにとどめておきましょう。

クリームタイプ:お肌へのいたわりと落とす効果のバランスが最も取れていると言われています。

自分の肌の状態とメイクの状態で、自分にあったメイク落としを選びましょう。

とは言っても、やはりお肌の負担が少ない化粧品を選ぶことをおすすめします。