にきびとファンデーション

にきびができている間は、油を含むファンデーションは控えたほうがいいといいますが、確かにつけなければそれにこしたことはありません。

さらににきび治療中はメイクもひかえる様に推奨する皮膚科医もいます。確かにメイクをしなければすむのだったら、それでも構わないかもしれません。

ただ、メイクすることでにきびは悪化するというわけではないので、洗顔などで肌を清潔に保てば、問題はないと思います。

ただ、油分の多い化粧品よりも、さらっとしたパウダーファンデーション、フェイスパウダーなどを軽くはたく程度なら、問題ないでしょう。

大人の女性の場合、どうしてもメイクする必要にかられますので、このようにパウダーファンデーション、フェイスパウダーを使うというのは心強いことでしょう。

当然のことながら、つけたファンデーション、パウダーはクレンジングでしっかり落とすこと。またメイクしたことで症状が悪化する様でしたら、ノーメイクでしばらくは過ごすなど、その時の状況で対処することが大切です。