Monthly Archives: 2月 2016

お肌の角質化の原因について

お肌の過角化が起こる具体的なメカニズムを説明します。

ビースマイルでホワイトニング!

私たちの女子会で今話題になっているのがビースマイルという歯磨きです!ジェル状の歯磨き粉です!私たちは、よくカフェで女子会していますが、その時コーヒー、紅茶などをよく飲みます!夜は、飲みに街へでるとワインを飲むの

引き締めフェイスライン!

最近ふとしたときにフェイスラインがぼけてなんかたるんでる!?って思うんですよね。もうすぐ30歳になるし、そろそろスキンケアも見直さなくっちゃなぁ〜って考えてました。友

スキンケアにココナッツオイルを使う

スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、お肌にとって刺激的な成分がなるたけ含んでいないということが大変重要です。
刺激の強い成分(保存料など)は痒くなったり赤くなったりすることがあるので、何が入っているのか、よく確認しましょう。
また、CMや口コミに飛びつかず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。
今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水をつける前や後に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。
もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとして使っている、という方も。

間違った肌ケアは状態を悪化させる

乾燥した肌の時、お肌のお手入れがとても大切になります。
間違った肌ケアは状態を悪化させるので、正確な方法を理解しておきましょう。
初めに、洗いすぎは禁物です。
皮脂が気がかりになるからといって1日に何回も何回も洗顔してしまうと肌が乾いてしまいます。
結果的に皮脂の分泌量が、増えてしまいますから、朝と夜の2回だけで十分です。
エステはスキンケアとしても利用できますが、その効果についてはどうでしょう。
自分ではなかなかうまくとれない毛穴の汚れをキレイにして肌の新陳代謝促進が期待できるでしょう。
実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人がご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性が高い「多糖類」に分類されるゲルみたいな成分です。
保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、大体、間違いなくヒアルロン酸が含有されています。
年を重ねるに従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。
乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは常に保湿を意識することです。
それに、皮脂を完全に落とさないということも大事なことです。
自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。
洗顔に使用するお湯の温度ですがヒリヒリするような熱さではダメです。
保湿に加えて、洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。
化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、適切な使い方をしなければ効果を実感することができません。
顔を洗ってからつけるのは化粧水です。
これにより肌の補水を行います。
スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後です。
その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。
冬が来ると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。
血のめぐりが良くないと肌細胞に満足な栄養が届かず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。
その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。
血のめぐりが改善されれば、体の新陳代謝が良くなり、健康的な肌がつくりやすくなります。
スキンケアにおいては、肌を保湿することやマッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。
しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることは同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。
暴飲暴食や寝不足、喫煙などが重なると、どんなにいい化粧品を使っていても、充分に活かすことができません。
まずは生活習慣を見直すことが、体の中からお肌に働きかけることができます。
スキンケア家電って、本当はこっそり人気があるんです。
外に出かける必要も、時間をわざわざ作る必要もなく、わざわざエステに行った先で受けるフェイシャルコースみたいなお肌の手入れが可能なのですから、ブームが巻き起こるのも当たり前ですね。
商品を手に入れたのだとしても使い勝手を気にして、使うのをやめてしまうこともあるんです。
実際に商品を買ってしまう前に、使用方法が自分に向いているかどうかも確認すれば、後悔することはありません。

バルクオム男性化粧品スキンケア

女性ホルモンと美肌

肌は身体の状態を映す鏡といわれています。
身体の状態が若く元気であってこそ、若々しくみずみずしい肌を保つことができるのです。
美肌を目指すならば、身体のなかから元気にならなくてはなりません。
身体の内側から若返るポイントとしては、女性の若さと美しさにかかせない女性ホルモンのバランスを整えることが肝心です。

化粧水はケチらずにたっぷり使うことがモチモチ肌維持のこつ

化粧水を含む化粧品の使い方、皆さんはどのようにされていますか?たっぷり使うタイプ?それとも少しずつ長く使うタイプですか?高級な化粧水(化粧品)だと、もったなくて一回にたっぷりと使うことには抵抗感がある方もおおいでしょう。私もケチってちまちま使うタイプです。ですが、美容の専門家に言わせると、化粧品はちまちまケチらずにたっぷりと使う方がスキンケア効果は出せるだそうです。

少しでも美容に良いお菓子を選ぶこと。どんなものがいいか?

お菓子は健康やお肌のために良くないと聞くけれど、たまになら食べたいですね。そんなとき、出来るだけ良さそうなものを選んでいます。ケーキや菓子パンは高カロリーで、吹き出物の原因を作ってしまいます。この2つ、スーパーで目にするとついかごに入れたくなりますが、意識して別の商品を探すようにします。例えば、クリーム玄米ブランは種類が豊富で、食物繊維もたっぷりです。その上、低カロリーで美味しいのでちょっとの量で満足できます。太らないし、肌荒れしないので気に入っています。その他、これはいいなと思うのは、カカオを使ったチョコレート効果や乳酸菌ショコラです。チョコレート効果は何回か食べて、カカオの苦みがブラックコーヒーと相性抜群でした。乳酸菌ショコラは、チョコで乳酸菌を包んでいるので、生きたまま大腸に乳酸菌が届くと言われています。便秘解消のために乳酸菌は重宝します。また、便秘から卒業できれば自然と吹き出物がなくなっていくし、スリムな体型になるのも夢ではありません。こちらは1回も食べたことがないけど、美容のためと健康のためにぜひ、ハニーココを食べてみたい。

ニキビ予防対策

26歳男性です。この記事は、私の経験上書くもので、科学的根拠はありません。参考程度に読んでください。さて、タイトルにも書きましたが、ニキビ予防対策というお話ですが、私が最初にニキビができて意識をしたのが、中学2年生の頃です。

そろそろ、異姓にも興味を持ち始め、自分の身なりも気にし始めた頃、最初に気にするのは顔でした。まず、髪型、次に眉毛など顔に意識がいくようになってきた時、おでこの下に赤い吹き出物のような物を発見しました。気になって、触っているうちに、どんどん大きくなりました。しかも、なかなか治らない。薬局で売っていた薬を使っても効きませんでした。次第に、膿んできました。

イラついた私は、指で潰しました。膿が出ると同時に、出血も大量にしました。そのまま放置して、気付いたら消えていました。
次に鼻の下にニキビが出来た時にも、膿が溜まった状態を潰して治しました。本来、皮膚に良くないはずです。それから、潰した後は、消毒をするようにしました。当時のニキビができた原因を思い出してみると、
野菜を食べず偏食、乾燥肌、睡眠不足、家族関係のストレスなどありました。体は、素直で正直だと思います。高校生になり、部活を本格的にやり、体力面、食事面、精神面、休養面を気遣うようになったら、勝手にニキビが消えていました。ニキビは、病気と言えば大げさになってしまいますが、身体的、精神的に対する何かのサインではないかと思います。自分の心と体のストレスを軽減することが、ニキビ予防対策に繋がるのではないかと思いました。

メルライン 通販

 

年齢に負けない美容法について

実際の年齢よりも若く見える人がうらやましいなあといつも思っています。

どんな美容法を行っているんだろうと気になります。