まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える

まぶたに限ったことではなく、体のどの部分の筋肉も、使わないと弱ってしまいます。まぶたも筋肉で支えられているため、歳を重ねるごとに衰えて、まぶたはますますたるんでくるようになります。まぶたのたるみを予防するには、まぶたの筋肉を衰えさせないことも大切で、そのためには筋肉を適度に鍛えることです。

目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、使わないでいると筋力も低下してしまいます。使おうとしない限り使われることはほとんどない眼輪筋ですが、少しずつでも鍛えていけばまぶたのたるみ防止にはなり、表情筋も一緒に鍛えるようにすると、かの表情を豊かにすることもできます。瞬きをわざと繰り返すようにすると、眼輪筋を鍛えることは可能なのです。下まぶたに関しては、普段の瞬きなどでも動かすようなことはほとんどありませんが、指で上まぶたを押さえて、下まぶたが持ち上がるような瞬きをしてみましょう。そうすることで下まぶたの筋肉が動いて鍛えられるので、まぶたのたるみを解消するのに役立つのです。そして顔全体の運動として、顔を中心に集めるようにしたり大きく広げたり、目をぱっとひらいてからしっかり閉じたりする動作を繰り返しましょう。このようにまぶたを動かす運動も、まぶたのたるみを予防するのには役立ちます。就寝前のちょっと空いた時間に数分間続けるだけで、効果をもたらします。場所を取らず、どこででも可能な運動なので、継続してまぶたのたるみを解消していきましょう。たるみ毛穴を改善してマイナス5歳肌へ