顔や口もとを見られるのがとても恥ずかしかったです

10代の頃はおでこにニキビができやすくて悩んでいました。

でもおでこだと前髪で隠せるのでそんなに気にしすぎてはいませんでした。だんだん年を重ねて行くごとに下にだんだん出来る位置が下がっていきました。20代前半は頬辺りで、20代後半になると口もとに出来る用になってしまいました。頬に出来る方が目立つしブツブツしているので人の目が気になり始めました。一番気になり始めたのは口もとです。当時付き合っていた彼氏には自分の顔や口もとを見られるのがとても恥ずかしかったです。彼氏は気にしなくて良いのにと言ってはくれますが、酷いニキビが出来たときは顔を近づけられるのを避けてしまいました。人によるのかもしれませんが男性は避けられたと傷ついてしまうみたいで、その人とは別れてしまいました。多分気にしすぎて度を越えた避けかたになってしまっていたのかもしれないです。沢山のニキビが出来ると暗くなっていたと思うので周りにいる人はたまらなかったのかもしれないです。

ジッテプラス(jitte+)最安値!初回980円90日間返金保証